日々じゃーなる

日々の生活でおもったことをなんとなく、でも結構まじめに綴るブログです。 趣味は読書とビリヤード。仕事は音楽関係。

スマホ端末の対応周波数

スマホの「対応バンド問題」で問われる総務省の覚悟 端末のコスト増は綿密に検証すべき:石野純也のMobile Eye(1/3 ページ) - ITmedia Mobile

 

すごく難しそうに書いていますが、とても身近なことです。

 

要するに、SIMロックを解除してキャリアを変更したら、通信が遅くなったり、使えなくなったりする可能性がある、ということ。

 

その理由は、同じように見える機種でも、どのキャリアで購入した端末かで通信できる周波数が違うから。

 

ちなみに、iPhoneはこういった心配はいりません。

すべての周波数に対応しているので、どこのキャリア、MVNOを使っても、周波数が対応していないから使えない、なんてことにはならないのです。

 

 

その昔、日本のスマホはSIMロック端末しかありませんでした。

SIMロックというのは、キャリアの縛りがあるということ。

つまり、docomoで購入したiPhoneのSIMカードを抜いて、ソフトバンクのSIMカードに挿し替えても、使用できないということです。

 

ある時期から、総務省の呼びかけにより、SIMロックを解除(=SIMフリー化)を求められたら対応しないといけないという決まりになったのです。

 

なぜこんな呼びかけをしたのか。

それは、ユーザーがキャリアを変更しやすくするためです。

そうすることによって携帯会社の競争を促し、価格やサービスを向上させたいわけですね。

 

ところが、対応周波数の問題がまだ残っているわけです。

しかも、キャリアやMVNOの対応周波数、端末の周波数を調べるのは結構面倒です。

 

もっと見やすくしてほしいと思いますが、携帯各社にとっては、対応バンドを見やすくすればするほど、他社への流出がしやすくなるので、あえて見にくくしてます(・・・としか思えません)。

 

これは、他社へ流出するときにしか閲覧しないMNP転出方法がわかりにくいのと同じ理屈です。

 

そもそも、なぜ端末の周波数を制限しているのか、というのも不思議です。

これを携帯会社、端末製造メーカーに聞くと、

 

携帯会社:製造メーカーに周波数を制限するような端末を作るように指示しているわけじゃない

製造メーカー:携帯会社から言われた

 

という責任のなすりつけみたいなことが起こっています。

また、すべての周波数に対応しようとすると、コストがかさむから、という理由もあるそうですが、すべての周波数に対応しているiPhoneがあるのに、本当にコストが問題なのでしょうか?

 

 

時間の問題で、対応周波数制限は撤廃されていくのでは、と思います。

SIMロック解除対応が義務付けられたのと同じように。

 

ただ、それには多少の月日を要すると思うので、今できることをすぐにやってほしいと思います。

 

それは、対応周波数を見やすくすることですね。

これは1日で可能なはずですが、関係者の方々、いかがでしょうか?

Apple watch 再考

 

famo-seca.com

 

楽天モバイルの0円プラン廃止に伴い、povp2.0への乗り換えが殺到して、サーバーダウンしたそうですね。

まあ、わかる気もします。

 

私はせっかく契約したばかりなので、0円で使える時期いっぱいいっぱいまで契約しておこうと思います。

 

さて、上記投稿でも書いたとおり、セルラーモデルを買う場合は、キャリア4社どこかと契約しないといけないわけですが、、、

 

やっぱりGPSモデルにしようかな、なんて考えています。

 

そもそもセルラーモデルにしたかったのは、ジョギング中にApple watch単体で音楽を聞きたかったからです。

iPhoneが近くになくて、wifiもなかったら、Apple watchは通信ができないので、サブスク音楽を聞くのは不可能です。

 

でも、Apple watchに音楽を落としておけば、通信ができなくても音楽は聞けます。

その容量は32GB。

ジョギング中に聞くだけなので、十分すぎる容量です。

 

Apple watchに音楽を保存するには、iPhoneのwatchアプリを使います。

ただし、iPhoneとApple watchの音楽同期は、Apple watch充電中のみです。

macからの同期には対応していません。

 

なぜ充電中じゃないとできない仕様なのか謎ですが、あんなんい小さい筐体に32GBものストレージがあるのはすごいですね。

バッテリーも内蔵しているわけですから、驚くべき技術です。

 

といっても、まだ購入しませんけどね。

契約した直後なのに!〜楽天モバイル0円廃止

“0円終了”楽天モバイルに反発の声 「裏切られた」「乗り換えようかな」 余波で「povo2.0」トレンド入り(ITmedia NEWS) - Yahoo!ニュース

 

この記事を書いたのは・・

 

famo-seca.com

 

2日前。

なんとまあすごいタイミングでの発表ですね。

0円の人も強制的に有料になるようですので、一旦解約の見通しです。

 

しかし、ものは捉えよう。

そもそも私が楽天モバイルに契約したのは、将来的にApple watchのセルラーモデルを買うつもりだからです。

楽天と既存キャリアのデュアルSIMでApple watch使用が最も安かったはずです。

 

これ、もしApple watchセルラーモデル購入後にこの発表があったら、面倒なことになりそうでした。

 

楽天が有料になった場合、今のところ楽天モバイルを契約するつもりはありません。

一時期ほどではないにしても、基本的には楽天経済圏を使っている身なので、楽天モバイルにするのもありかもしれませんが、やはりプラチナバンドを持っていないというのは辛い。

 

今回発表されたプランでは、料金面で他社とさほど変わりません。

料金がさほど変わらないのならば、プラチナバンドを持っている他社のほうが良い、となります。

 

0円からトッピングしていけるpovo2.0に乗り換えという人も多いようですが、povo2.0の場合、0円の状態では本当に何もできないので、データ通信か音声か何かしらのトッピングをすることになります。

そのトッピングが最小限であっても、例えば日本通信の合理的290プランより安くなることはありません。

 

合理的シンプル290プラン|日本通信SIM

 

で、ここで考えなくちゃいけないのは、将来的にApple watchセルラーモデルを持った時にどのキャリアにするかです。

 

上記理由で楽天モバイルは除外、つまりdocomoかauかソフトバンク。

 

うーん、、考えものですね・・・

楽天モバイルをデュアルSIMで利用開始〜月額3円

 

famo-seca.com

 

昨日投稿したばかりですが・・・

 

せっかくデュアルSIM対応のiPhone持っているし、楽天モバイルは契約するだけでSPU対象だし、何かのときには楽天リンクアプリ経由で電話しても無料+無制限なので、契約しました。

 

さすが日本を代表するIT企業だけあって、申し込みから開通まで20分。もちろん自宅で。

素晴らしいですね。

 

将来的には、この契約をApple watchのために活用するのですが、Apple watchを購入するのはもう少し先になりそうなので、今回は楽天モバイル契約のみです。

 

私の場合、既存の端末でのデュアルSIM利用ということで

  • 新規電話番号(MNP転入なし)
  • 端末購入なし

となるので、開通まで爆速。

 

驚いたのは本人認証。

アップロードした本人確認書類画像(マイナンバーや運転免許証)と、スマホのインカメラで指示に従って撮影した画像をAIを使って照合しているのだそうです。

これだけで本人認証は終わり。

 

全体の手順からすると

  1. 申し込み
  2. 本人認証
  3. my rakutenアプリでログインして開通ボタンを押す
  4. iPhoneの設定アプリで、主回線を今の携帯キャリアに、副回線を今回契約した楽天に
  5. 無料通話アプリの楽天リンクを落として設定。

これで終わりです。

 

繰り返すようですが、今の所契約をしただけで、使う予定はありませんが、それでもSPUがあがるので意味はあります。

また、場合によっては無料通話アプリの楽天リンクアプリを使って電話するかもしれません。

 

楽天のモバイル通信は1Gまでは無料ですので、1Gまでしか使わないように端末で制限をかけたいのですが、それはできない模様(できるのなら、ぜひ教えて下さい)

 

設定終わって、別のスマホから楽天の方の番号に電話したら、ちゃんと着信、主回線、副回線どちらからかかってきたかもわかるようになってました。

 

まあ、誰にも教えるつもりがない番号なので、かかってくることはまずないと思いますが。

 

しかし、こんなことが自宅にいながら30分もかからず終わっちゃうなんてすごい時代ですね・・・・

デュアルsimを考える

私はiPhoneSE(2nd)を使っています。

 

このスマホは、eSIMと物理SIMのデュアルSIMに対応しています。

私はそもそも携帯2台持ちですが、これはビジネス用とプライベート用の使い分け。

だから、プライベート用として使っているiPhoneをビジネスとして使えるようにする必要はありません。

 

また、最近は多くのアカウントサービスにおいて、比較的容易にアカウント切り替えができるようになってきたので、特にデュアルSIMにする必要性は感じていません・・・でした。

 

ところが、数日前からデュアルSIMを考え始めています。

なぜか。

それは、Apple watchのセルラーモデル購入を考えているからです。

 

知らない人のために説明すると、Apple watchは大きく分けて

  • GPSモデル
  • セルラーモデル

があります。

 

めちゃくちゃ簡単にいえば、Apple watch単体でモバイル通信できるかどうかの違い。

 

GPSモデルの方は、モバイル通信こそできませんが、iPhoneが近くにあれば、iPhoneのモバイル通信を利用して通信可能。

また、iPhoneに登録しているWi-Fiのデータも同期するので、Apple watch単体でもWi-Fiでのデータ送受信は可能です。

 

これを逆に言えば、iPhoneもWi-Fiもない状態では通信不可です。

 

これに対し、iPhoneが近くになくても、Wi-Fiがなくても通信可能なのがセルラーモデルです。

 

ここまでは私も知っていたので、データ専用simを格安SIMのどこかで契約すりゃ良いな、と思っていました、、、が。

 

Apple watchのモバイル通信のためには、楽天も含めたキャリアの契約が必須ということがわかりました。

格安SIMのデータ専用プラン等は利用できないそうです。

 

キャリアの中で最安はもちろん楽天。

しかし、楽天はいまだプラチナバンドを持っていないので、通信に難あり。

 

そこで考えたのがデュアルSIMです。

 

現在は物理SIMだけを使っていますが、楽天のeSIMとのデュアルSIMにすればよいわけです。

 

楽天は、1GB以内なら月額0円です。

Apple watchで使うためには、電話番号シェアリングサービスのオプションをつけなければいけませんが、これが月額550円。

 

この方法がApple watchセルラーモデルの最安運用かと思いますが、いかがでしょう?

 

ちなみに、なぜセルラーモデルにしたいのか、という素朴な質問を受けそうなので、答えておきます。

それは、ジョギング中にiPhoneを持参したくないからです。

 

ジョギング中は、少し前に投稿したsoundcoreのワイヤレスイヤホンで音楽を聞いていますが、そのためにはどうしてもiPhoneを持参しなくてはいけません。

 

ジョギング中にスマホを持参するのに特化したポーチも持っていますが、できればなくしたいところです。

 

セルラーモデルなら、音楽サブスク(Apple music)を利用できます。

もちろん使いすぎたら1Gを超えてお金かかりますが、それでも1000円弱です。

現在の通信量を見る限りは、超えることはないと思われます。

 

ということでデュアルSIMを考えているわけです。

上記運用の仕方は、Apple watchを使って外で音楽を聞きたいだけなので、音声は物理SIM、データ通信はeSIMという設定にする感じになるでしょうか。

Anker Soundcore Liberty Neo 2が届いたので早速使ってみました

 

famo-seca.hatenablog.com

 

届きました。

5000円弱とはとても思えないちゃんとした包装です。

ケースから取り出して、iPhoneのBluetooth設定画面にいくと、すでにペアリング待機状態だったので、接続ボタンを押すだけで接続完了。

 

普通に音楽を聞きましたが、ものすごく満足です。

装着感も良いし、音も問題なし。

 

Soundcoreシリーズ統一のアプリがありまして

「Soundcore」をApp Storeで

イコライジング、タッチボタン操作のカスタマイズ等ができます。

 

私はSiriは使わないので、ダブルタップ左右ともに再生/一時停止ボタンに変更、その他はデフォルトです。

イコライジングもとりあえずデフォルトです。

 

ホワイトノイズという機能がありまして、

生活音やら自然の音やら動物の鳴き声なんかが再生されるようです。

これは使いみちがよくわかりません、

 

あと、なんかここにARというのがあります。

 

押してみると、iPhoneのインカメラ起動しますが、それだけ。

んー、意味がわからないけど、多分私はつかわない機能かな、と。

 

選んだ基準は

  1. Bluetooth接続が早い
  2. 防水性能が高い
  3. 無線充電可能
  4. 音がそこそこ良い

といったところですが、1.4に関しては言うことなし。

2は試せませんが、おそらく大丈夫なんでしょう。

3は、改めて充電器を購入しました。

 

 

もっと安いやつとかありましたが、バッテリー系もAnkerは使い勝手良いので、これを選びました。

これに置くだけで充電できます。

 

また使っているうちに気づいたところがあったらレポートします。

Anker Soundcore Liberty Neo 2を買いました

 

 

良い季節になってきたし、身体がちょっとたるんできたので、ジョギングを再開しようかな、と思っています。

 

以前は、運動中に音楽を聞くという発想がなかったのですが、完全ワイヤレスイヤホンが出てからは、むしろ音楽を聞きながらのほうが捗る、という感じ。

 

で、以前から持っていた完全ワイヤレスイヤホンは2つあり、一つは完全に仕事用(防水機能とかないし、macとペアリングしている)、もう一つは妻にあげたので、ジョギング用を改めて買うことに。

 

完全ワイヤレスイヤホンは、控えめに言って飽和状態で、どれを選ぶか迷いだしたらきりがないので、ブランドはAnkerと決めてかかりました。

 

ところが、Ankerだけでもかなりの数があります。

 

ジョギング用で聞く程度だし、そもそも音質の良さを追求しているわけでもないので、比較的安価なやつから探していて見つけたのが、上記商品です。

4990円!安い!

 

ざっと特徴を書くと

  • IPX7防水規格
  • 最大40時間音楽再生
  • ワイヤレス充電対応
  • Bluetooth 5.2

と、ものすごいスペックです。

 

なぜこんなに安いのか。

それはおそらく、ノイズキャンセリング機能がついていないからでしょうね。

 

私はジョギングで使うので、ノイズキャンセリング機能は不要、というよりそんな機能使ったら逆に危ない。

 

ということで、これにしました。

 

しかしすごい時代ですね。

こんなハイスペックなイヤホンが5000円もしないなんて。